Profile プロフィール | Hiromi Inayoshi Official [稲吉紘実]

Master Artist Prof.稲吉紘実プロフィール

マーク・ロゴデザインの第一人者であり、世界を代表する
CIデザイナーのひとり。グラフィックデザイン、特に
マークを核とした、CIデザインにおいて独自のスタイルを
確立し、企業、団体のCIデザインを数多くおこなう。
そして、マークは芸術、内なる肖像画と宣言し、パーソナル
マークという新たな芸術、肖像絵画のルネッサンスを
確立。1999年からこれまでに、タイ王国国王陛下、ブルネイ
王国国王陛下、また、ダライ・ラマ法王猊下、ノーベル
平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士を始めとする国家元首、
世界的VIPや文化人他、多くの人々のパーソナルマークを
デザイン、創作する。近年は二次元のマークを高度な技法で、
版画化、彫刻化、織物化、宝飾化等、様々な芸術展開を
試み、パーソナルマークを比類なき芸術として昇華させる。
また、ニューヨークを中心に「aino」「RABBISUN」
等のスカルプチャー、アート作品を発表するなど多彩な芸術
活動を展開、現代アーティストとしてもグローバルに
活躍する。このような創作活動おこなう一方で、1996年から
今日まで、ソーシャルデザイン、ソーシャルアートの
先駆者として、デザイン、芸術で、世界の抱える問題の解決や
恒久平和の推進を目的とする社会貢献・平和活動を
積極的におこない、国連へのデザイン支援、バングラデシュ
人民共和国のNational Identityデザイン、国・人種・宗教・
言語などをこえて、世界中の子ども達の描いた絵を繋ぎ合わせ、
平面での和合=平和を実現する「世界一大きな絵2020」
プロジェクト、戦争、核兵器のない世界を実現する「絵のない
絵本プロジェクト」、次世代の平和への意識と創造性を
育む CIデザインコンテストの開催、Love Earth Love Children
グローバルチャリティーキャンペーンのプロデュース等、
世界規模のART AIDを展開し、自らの持てる才能を駆使し、
美の力で世界を平和に導くことを生涯のテーマとして
掲げ、ソーシャルデザインイノベイター、ピースコンダクター
としても世界的に注目されている。

2014年にはグラフィックデザインの聖地であるポーランド
共和国で、日本人初の国立美術大学教授に就任する。

※ CI=Corporate Identity

[ Profile Long Version ]

主な受賞歴

デザインのアカデミー賞といわれる、世界最高峰の
ニューヨークADCアドバタイジングポスター部門で、日本人
として初めて、2つのゴールドメダルを同時に受賞した
他、ニューヨークADC特別優秀賞・Merit賞多数、東京ADC賞、
日本タイポグラフィ大賞、日本商環境デザイン優秀賞、
日本広告写真大賞、インターナショナルCIデザイン優秀賞、
スイスグラフィス世界のCIデザイン優秀賞、ラハティ
ポスタービエンナーレ、ワルシャワポスタービエンナーレ、
ブルーノデザインビエンナーレ入賞等、内外で100を
こえるデザイン賞を受賞している。

Title

ポーランド共和国 国立ストゥシェミンスキー美術大学
教授

特定非営利活動法人アース・アイデンティティー・プロジェクツ
理事長




Wikipedia: 稲吉紘実

HOME